47歳でやむなくセミリタイア

病気のためセミリタイアをすることに。現在は週20時間程度のバイトをしています。その他、雑多なことを記録として書いています。

買い物: メインPCのCPUを交換する(ベンチマーク他)

気持ちのいい気候です。今日は一歩も外に出ていませんが、窓を開けると気持ちのいい風が入ってきます。

さて、先週メインPCのマザボとCPUを交換したのですが、ベンチマークなどを測ってみました。

Cinebench R23

まずは、CPUの性能で定番のCinebench R23です。

適当に検索すると、Core i5 12400FのCinebench R23は、マルチコア12407、シングルコア1616となっていました。 マルチがちょっとだけ低いですが、問題ない範囲です。

CPU温度とファン速度

CPUクーラーに問題ないか確認するために、Cinebench R23が10分間実行された時点のCPU温度とファン速度を見てみました。 CPU 54℃、ファン回転数: 840rpm 以下です。

部屋の温度は24℃でした。+30℃なので、非常に優秀です。これならCore i7でも行けそうですね。

FInal Fantasy 15ベンチマーク

ゲーム性能ということで、FF15ベンチです。私はFPSゲームはプレイしないので、定番のAPEXやフォートナイトは避けました。

Core i5 8400では、高品質で9000でしたので、1.5倍近く上がっています。

数値もですが、Core i5 8400の時には60fpsを時々切ることがあり、ガクガクしていたのですが、Core i5 12400Fでは60fpsを切ることが無くなりました。 これは思っていた以上に体感で異なります。

使用電力

FF15ベンチを実行したときのシステムの使用電力を測定してみました。

SwitchBotのスマートプラグには使用電力を測定する機能があり、それを使って測定してみました。

  • 無負荷状態: 70W
  • FF15ベンチ(fps制限なし): 最大400W
  • FF15ベンチ(60fps制限): 180W

60fpsで制限するなら650W電源で問題なしです。 全開で動作させたければ、850W電源が必要ですね。

60fps制限はAdaptive VSyncがよい

60fpsに制限するには、NVIDIAのグラボ場合にはAdaptive VSyncを使うと良さそうです。

最大フレームレートを60fpsに設定する方法もあるのですが、この場合ティアリングが起きます。 そこで、Adaptive VSyncを使うと、60fps制限をかけつつ、ティアリングが起きなくなり非常に快適になりました。 Adaptive VSyncは、「NVIDIAコントロールパネル」→「3D 設定の管理」→「垂直同期」を「適応」にすると有効になります。

最大フレームレイトを60fpsにしたら、60Hzのモニターではティアリングは起きないと思うのですが、そこはちょっと不思議です。

その他

Windowsの認証

意外にも何もせずに認証されたままでした。OSの再インストールをしていないからでしょうか。

Western Digital WD Black SN850 NVMe WDS100T1X0E

一緒に購入したPCIe Gen4 x4 のSSD(シーケンシャルRead 7000MB/s という化け物性能)ですが、問題なく使えています。 が、SATA接続のSSD(シーケンシャルRead 500MB/s)と比べて、(ゲームだと)特に違いを感じません。 まあ、気分の問題なので、良しとします。

雑感

という訳で、CPUを交換したのですが、自作気分を少し味わえてよかったかなと思っています。

後は、予想以上にゲーム時のフレームレートが安定した(60fps以下になりにくくなった)のは、よかった。

次はモニターだ~とはいうものの、しばらくは今のモニターで十分かな。

買い物: メインPCのCPUを交換する(組み立て編)

今日はよく寝れて、朝から結構調子が良いです。土日はぐったりして何もできませんでした。

前回の記事(買い物: メインPCのCPUを交換する(購入編) - 47歳でやむなくセミリタイア)で、マザボとCPUが届いたと書きましたが、あの後夜中までかけて組み立てて、そこから少し忙しくって、土日ぐったりという流れでした。

という訳で、今回は組み立て編です。

マザーボードにCPUとCPUクーラーを取り付ける

特に何も言うことはないかな。

CPUを乗っけて固定して、マザーボードにCPUクーラーのマウントを固定、グリスを塗ってCPUクーラーを固定するだけ。

マザーボードをケースに固定する

マザーボードのねじ穴が開いている位置に、スペーサー(ケース側)を取り付けて、ねじで固定するだけです。

ナットドライバー 5.0mmがあると良かった

古いマザーボードと新しいマザーボードでネジの位置が変わっているものがあったのですが、古い位置のものを取り外すことができませんでした。

予備のスペーサーを探してきて、新しい位置につけて事なきを得たのですが、取り外せるようにナットドライバーを買っておけば良かったです。 300円くらいで売っています。

今度何かのついでに買っておくことにします。

マザーボードにコード/ケーブルをつなぐ

コード/ケーブルを指す場所が変わってしまうと、コード/ケーブルの取り回しをやり直す必要がありますが、全く同じでした。

上は前後の写真ですが、多少の変化はありますが、位置的には全く同じです。

スイッチ類(電源ボタンやリセットボタン)のコードの以外は端子の形が決まっていて、変なところには挿せないようになっているので、迷うことはありません。 スイッチ類のコードについても、マニュアルや説明しているWebサイトを見ながら行えば、それほど難しくはないと思います。

以下ちょっとだけ補足しておきます。

CPU補助電源

古いものは、8pinだけですが、新しいものは8pin+4pinとなっています。 4pinの方は、電力消費の大きいCPUを動作させるときに必要なもので、Core i5程度なら8pinだけ挿せばよいです。

SATA

下側のコネクタが、3つから2つに減っています(その代わり、左側に追加されている)。 私の場合は2つ(DVDとSSD)しか使っていなかったので、影響はありませんでした。

スイッチ類

スイッチ類をつなぐところが、8pinから20pinに変わっています。これは上側の8pinを使って、同じように繋げばOKでした。

完成

グラボも接続して完成です。

動作は問題なし

もう4日ほど使っていますが、動作的には何も問題はなさそうです。

USB-C端子がケース前面にない

一つだけ気になった点があります。それは、USB-C端子が裏側に一つ(マザボのバックパネルについているもの)しかないことです。

これはケースが古いので仕方ないです。今は困っていないのですが、必要性が出てきたら何か考える必要がありそうです。

といういう訳で、組み立て編でした。次はいくつかベンチマークを流してみた結果でも。

買い物: メインPCのCPUを交換する(購入編)

今日は暑いくらいでした。相変わらず睡眠がうまくいかず、疲れが取れません。 昨日も11時には寝たのですが、5時くらいに起きてしまい、その後寝れなかった。

さて、つい先日グラボを買い換えたわけですが、引き続いてCPUも交換することにしました。 今日は買ったものの紹介です。

CPUアップグレード

自作系のYoutuber(吉田製作所さんとかとモヤシさんとか)が好きでよく見ているので、いつか自作はやってみたいと思っていました。

今回は、グラボを買い換えてCPUに不満が出てきて、ちょうどいい機会なので、手を出してみることにしました。

使いまわすもの

私のメインPCは、SycomのBTOパソコンです。 CPUは、4世代前のCore i5 8400で、最新のCPUではソケットが変わって(LGA1151v2→LGA1700)おり、CPU交換するためにはマザーボードの交換が必要です。

CPUクーラーも互換性がないのですが、NoctuaはLGA1700用のマウントキットを発売していて、それを買うことで今持っているものが使えます。 実は、Noctuaに要求すればマウントキットが無償で受け取れるらしいのですが、手続きが面倒そうなので購入しました。

というのを踏まえて、以下を使いまわします。つまるところ、ベアボーンキットを使った組み立てと同じ感じです。

ケース: Antec P100 電源: CORSAIR RM650x CPUクーラー: Noctua NH-U12S Windows10: OEM

OSはOEM版ですが、マイクロソフトアカウントへの紐づけをしていれば、そのまま使える可能性が高いそうです。 まあ、だめなら購入しようと思います。

購入したもの

購入したのはドスパラで、以下の値段でした。CPUとマザーボードには1年延長保証(価格の5%)を付けています。

製品名 価格
ASUS TUF GAMING B660-PLUS WIFI D4 (B660 1700 ATX) 33,579円
Intel Core i5 12400F BOX 24,129円
Western Digital WD Black SN850 NVMe WDS100T1X0E (M.2 2280 1TB) 24,268円
総額 81,976円

後は、CPUクーラーマウントキット(NM-I17XX-MP78-CH-BK/Y)とCPUグリス(MX4)を購入しました。 これはヨドバシで、ポイントで購入(併せて2,500円位)しました。

以下選択した理由です。

マザーボード: ASUS TUF GAMING B660-PLUS WIFI D4

大きな理由はないです。 何となく、グラフィックボードと同じTUF Gamingシリーズの中からATXのモデルを選びました。

CPU: Intel Core i5 12400

これ以上のCPUだと、今のCPUファンと電源だと厳しいかもしれないのと、コストパフォーマンスの高さで選びました。

巷の意見としては、ゲームだけならCore i5 12400で十分、ゲーム生配信するならCore i7 12700以上があった方がいいと言われているようです。

もし不足だという場合には、次世代のIntel CPUのソケットはおそらく変わらないので、次世代CPUが出たタイミングで買い換えてもいいかなと思っています。

SSD: Western Digital WD Black SN850 NVMe WDS100T1X0E

性能も価格も超絶に高いSSDです。 ぶっちゃけ買う必要はないのですが、せっかくPCIe4.0x3のSSDが刺さるマザーボードを買ったのだから、試してみたい。

という訳で買ってしまいました。不要だったら、PS5用に回してもいいし(言い訳)...

物が届いた

とか書いているうちに、注文したものが届きました。

少し休んで落ち着いたら組み立ててみようと思います。

さて、どんなトラブルが起きるやら。

買い物: グラボ買い替えの顛末 (RX6600XT→RTX3070Ti)

睡眠時間がうまくとれず、ちょっと疲れ気味です。

さて、RX6600XTからRTX3070Tiに買い換えてしばらく使ってみたので、簡単にレビューをします。

ASUS TUF-RTX3070TI-8G-GAMING

詳しくはここ(買い物: またまたグラボ(ASUS TUF-RTX3070TI-8G-GAMING)を注文してしまいました - 47歳でやむなくセミリタイア)に書きましたが、ゴールデンウィーク前に購入したSapphire NITRO+ Radeon RX 6600 XT GAMING OC 8Gが不安定なので泣く泣く買い換えました。

安定性◎

カードを入れ替えて、DDU (Device Driver Uninstaller)でAMDのドライバーを削除した後で、GeForce Experienceをインストールするだけで、その後一度も変な動作をしていません。

RX6600XTとは何だったのか…。

オーバースペック

今のモニター(FHD 60Hz)とCPU(Core i5 8400)では、完全に性能が無駄になっています。

60 fpsで動作させた場合、GPUの使用率は最大70%程度、消費電力も150Wまで位しか上がりません。 また、FF15ベンチを動作させてみましたが、高品質で9000前後しか出ません(Core i9-11900K+RTX3070Tiだと13000は出る)。

実際のゲームでも、現在Rise of the Tomb Raiderをプレイしているのですが、高画質設定だと時々CPUが100%となって、表示が一瞬止まるような現象が出ます。 このゲームは2016年にPC版が発売されていて、Core i5 8400は2018年発売のCPUなので、十分な性能のはずなのですが、こんなものなのかなあ。

CPUのネックがこんなに出るとは思っていませんでした。

静音性〇

FHD 60Hzでゲームをプレイする分には、ファン速度が1000RPM程度で、ケースファンの音の方が大きい状態です。

3DMarkのTimeSpyを実行して、GPUに100%の負荷をかけた状態でも、GPUの温度は65℃で、ファン速度は1400RPM程度になりました。 この時には、ケースファンの音より大きくなりますが、ゲーム中ならそんなに気にならない程度だと感じました。

性能(消費電力)を考えると悪くないんではないでしょうか。

大は小を兼ねる

結局は出した性能分消費電力が増えるようです。 つまり、RTX3060Tiの性能範囲でRTX3070を動かせば、RTX3060Tiの消費電力とそんなに変わらないということです。

なので、ワットパフォーマンスは気にせずに、高性能のものを買っておいて、性能の低いところで使うというのはありだと思いました。

雑感

とりあえず、RX6600XTを買う前の私に以下の動画を100回見直せと言いたい。


www.youtube.com

冗談(?)はともかく、この安定性と静音性なら、このグラボを使い続けようかなと思っています。

ついでにCPUやらモニターやらもついでにアップデートしてしまおうと考えています。

眼科に定期検査に行ってきました

今日はちょっと肌寒い。ただまあ、これ位が過ごしやすいですな。

さて、6ヶ月ごとに受けている目の定期検査に行ってきました。

定期検査

以前の会社に勤めていたころの生活習慣病検診で、加齢黄斑変性と診断されたことがあり、その時に症状は軽度だけど6ヶ月ことに検査を受けてくださいと言われています。

それ以来、6ヶ月毎に検査するようにしていたのですが、前回受けたのが10月で、6か月後は4月だったのですが、すっかり忘れていました。

朝起きたら右目と比べて左目がぼやけるていて、そういえば眼科にいつ行ったっけと思って調べると、googleカレンダーの予定に入れていたのを見逃していたのに気づいて、早速行ってきました。

検査結果

結果は問題なしでした。

左目がぼやける件は、眼鏡をかけたときに、右目の方がよく見えるので、左目の視力が落ちたかもと思ったのですが、視力検査では矯正視力は同程度でした。

ウェブ検索してみると、矯正視力はできるだけ同じくらいに合わせるけど、少しくらい違っていても問題ないみたいです。 考えてみると、眼鏡を作るとき、右目が効き目だからそちらを優先すると言われていた気がしてきました。

一応疲れ目の目薬を処方されました。

朝起きた時には少し焦ったけど問題なくてよかったです。ちょっと疲れていたのかも。

ゲーム: 「A Plague Tale: Innocence」をプレイしました。

相変わらずパッとしない天気が続きます。

さて、ゴールデンウィーク中に終わらせたゲームA Plague Tale: Innocenceの話題です。 これまたEpic Gamesで無料配布していたものを手に入れたものです。

A Plague Tale: Innocence

(ステルス)アクションアドベンチャーゲームです。進め方はアンチャーテッドと似ていて、アクションシーンをクリアしたら次のステージに一方通行で進んでいきます。 寄り道なし、完全な一本道となっています。

アクションはステルス寄りで、見つからないように進んでいくという場面が多いです。 しかし、ステルスなのに攻撃手段が遠距離攻撃のスリングショットのみというのが不思議な感触です。

一部ボス戦などでは、アクションもあります。

ストーリー

百年戦争のペスト大流行した時代を元としたストーリーとなっています。

姉弟愛が主題で、その部分はかなりよかったです。 一か所だけ、弟が姉から離れる場面が唐突に感じましたが、会話が字幕でアクションシーンにも会話があるので、会話を全部読めていないせいかもしれません。 吹き替えがあるとよかったかな。

姉弟愛以外の部分は説明不足というか描く気がない感じで、おまけ程度に思っていた方がよいです。 例えば、結局ラスボスは何をしたかったのか、倒したら何故ペスト流行が収まったのかといった疑問は残ったままです。

グラフィック

非常に美しいグラフィックなのですが、、、、美しい景色を楽しめるのは序盤だけで、序盤を過ぎればほぼグロシーンです。 ペストはネズミが媒体ということで、ネズミが大量に出てきます。

リトライは快適

死んだらチェックポイントからやり直しですが、この時のロードがほぼありません。チェックポイント間隔も短いです。 ただ、一部チェックポイント直後にムービーがある場面があって、それは止めて欲しかった。

その場でリトライする場合は、ロードは不要にできるはずなので、他のゲームも見習ってほしい。特に死にゲーは。

難易度は普通

体力がなくて一撃で死ぬので、死ぬ回数は多いです。

しかし、ステルスシーンは、敵の動きがわかってしまえば、そんなに難しくはありません。

  • 敵が死体を見つけても増援なし
  • 死体を見つけると、死体の周りを少し探してルーチンに戻る

という動作なので、まず遠距離から倒せる敵を倒して、後は見つからない順番に仕留めていけばOKです。

アクションシーンのボス戦は、そこそこ難しいです。やり方さえわかれば簡単ではあるのですが、かなり死にまくりました。

PCの要求スペックは高い

以前使っていた GTX 1050Ti では、最低画質まで落としてもFHD 30FPSも厳しかったです。 推奨はGeForce GTX 970ですが、それでもFHD最高画質で30FPS出せますよという程度じゃないかと思います。

60FPSまでだしたければ、GTX 1080とかその辺り以上が必要になるんじゃないかと思います。

RX6600XTやRTX3070Tiであれば余裕でした。

雑感

佳作だと思います。 アクションシーンは爽快という訳ではありませんが、暗いストーリーとマッチしていて、ストーリーやグラフィックもアクションアドベンチャーゲームとしては平均以上と思います。

ただし、Z指定にもなっている位で、かなりのグロ表現があり、ネズミなども出てくるということで、人を選ぶのでそこは注意が必要です。

楽天モバイルの携帯基地局設置の依頼が来た

気温はそれほど上がっていませんが、湿度が高いせいか汗をかきます(太りすぎ?)。

さて、楽天モバイルの0円プランが無くなることが話題になっていますが、私のマンションに楽天モバイルの携帯基地局を設置しないかという提案を受け取りました。

まあ正確には、設置するために管理組合での合意が必要になるので、総会を開きますよという案内を受け取ったわけです。

携帯基地局

私の住んでいるマンションは5階建てですが、屋上近くの壁面の二か所に、4Gのアンテナを合わせて3本設置したいということです。 方向性があるみたいで、120度ずらして3本が必要みたい。

それにつながる光ケーブルと、電源などの設備も設置します。

賃料

1か月10万円の賃料+電気代が払われるみたいです。結構もらえますね。

マンションの大規模修繕費用などは不足気味なので、それに充当することになるんでしょう。

しかし(当然?)、管理組合の収入扱いになるので、税金がかかるらしい。

雑感

うちのマンションの近くにはもっと高い建物もあるのに、なんでうちなんだろうとは思わなくもないです。

総会の決議については、反対する理由は特にないので、賛成するつもり。 5Fに住んでいる人(私は2F)は健康被害がないかとか気になるかもしれないですね。

楽天モバイルは電波状況がよくないと話題になりますが、こうして改善はしようとしているのだなと感心するとともに、やはり改善するためにはお金はかかるんだなあと、楽天大丈夫かという気はしてしまいます。